コンセプトデザイン

Create "The meanings"
「意味あるもの」を創る。

 世の中には解決策(ソリューション)が溢れています。今必要なものは百円ショップやネットショップでローコストで最適なものが手に入ります。たとえ売っていなくても、探す気になればYouTubeやVlogの中に再現性のある方法を見つけることが出来るでしょう。

 また、最新最高の技術を駆使し年月をかけてモノを作っても、明日にはその廉価版が登場し、利益をさらって行きます。

 そんな時代に「新しいモノを作る」ことの価値とは何でしょう。

 

 それは貴方のつくるモノが、どんな大きな物語とどのように接続されるか、です。

 

 「大きな物語」とは人生を包むものです。人によりそれは「使命」「本懐」といった「生まれて来た目的」を表すものであったり、「趣味」「生業」といった「今の存在を形作るもの」であったりします。いずれも、自身を充たしながら自尊心を越えたものとの繋がりを感じることで「人生に意味を与える」のです。

 この「物語と接続する意味」をモノが持つかどうか。ここが肝要なのです。 

コンセプトとは「商品の意味」

 世界の優れたマーケッター*によれは、消費者を引きつける力が大きくは5つあります。(* A.Buchholz & W.Wordemann著 what makes winning brands diferentより)

 「便益」

 「規範」

 「認識」

 「アイデンティティ」

 「感情」

 ざっくりと申し上げますと、上の3つは「売り方」による価値、「アイデンティティ」「感情」は「あり方」による価値です。

 特に「アイデンティティ」「感情」にはとても強い吸引力があるとされていますが、この2つには「解決策としてのモノ」を越えた視点が必要です。

 

 ミラノ工科大学のロベルト・ベルガンディ教授は「愛すべきものは、いつも他者からもたらされる。贈り物は、贈り主の気持ちから生まれることが重要で、それは贈り主自身の意味の探索なのである。」と語りました。(「突破するデザイン-あふれるビジョンから最高のヒットをつくる-より)

 

 

 モノを提供する側(メーカー)自身が共感の出発点になる必要があります。

 意味を持つ「プロダクトアウト」。私たちの「贈りたい気持ち」が、全ての共感のスタートなのです。(上著で著者は「ビジョン」の大切さと有用性を説いています。)