デザイナーとは

「モノや仕組みを考案して大切な誰かの役に立ちたい」

この性分を持つものをデザイナーという。

 デザイナーの使命は明確です。貴社の製品が貴社のビジョンの共感を呼び、誰かの人生に意味を与え続けるよう、時には限られたリソースの中で知恵を絞り、創意工夫を重ねることです。モノや仕組みを提供する活動の中のどの場面であっても、この本源的な「役に立ちたい」という魂を持ち続けることが大切なのです。

 事業をスケールさせる視点と方法論は問いません。私たちは核となるこの魂を、具体化した貴社のデザイン資産として確立したいと願っています。

デザインの力

 経営では、徹底的に言語化数値化し、問題をクリアにした上で意思決定し、必要な施策を打たれることでしょう

 しかし、デザインの創意工夫とは「いかに感じるか」を拠り所にした、「言語以前の何かを明確に形にしたもの」(プロダクトデザイン参照)でもあります。

 この言語的には不明瞭なものを、意思決定のための必要な情報として、全体的な視野から惜しみなく用意するのも、デザイナーの役割なのです。

 

 ぜひ私たちに貴社のビジョンをお聞かせください。デザインのご相談をお待ちしております。

 >> お問い合わせ